築20年一戸建てに資産価値はある?リフォームせず売却するコツを解説!の画像

築20年一戸建てに資産価値はある?リフォームせず売却するコツを解説!

C21川越不動産

築20年一戸建てに資産価値はある?リフォームせず売却するコツを解説!

築20年の一戸建てとなると、時代を感じるとともに家屋の傷みなども見受けられることがあります。
そんな住宅を売却したい方のために、そのままの状態でも売却できる方法を解説します。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


築20年の一戸建てに資産価値はあるのか?

日本では新築住宅のニーズが高いため、築年数が経過していくにつれて資産価値が減少する傾向にあります。
そのため、残念ながら築年数が20年も経過すると、家屋としての資産価値はほぼありません。
そのため、土地の評価のみで価格がつけられてしまいます。
しかし、資産価値がなくても築20年の一戸建てに需要が無いわけではありません。
20年ほどの築年数であれば、家屋に顕著な劣化が少なく、基礎や柱を修繕することなく住み続けられることも少なくありません。
築年数が20年~25年程度の戸建てを所有されている方は、売り時について考えてみるとよいでしょう。

▼この記事も読まれています
中古物件のフルリノベーションとは?メリットや費用について解説!

築20年の一戸建てを売却する際にリフォームはすべき?

リフォームを済ませてからでないと売却できないのではないかとお考えの方もいらっしゃるでしょう。
しかし、築年数が20年ほど経っていても、リフォームなどをおこなうことなく売却することは可能です。
いくつかの条件しだいで買い手の需要が見込めるためです。
まず、安価に土地と家屋を購入し、リノベーションやリフォームしようと考えている方がいらっしゃいます。
新築ほどのお金を掛けることなく、新築同様の家を手に入れることが目的です。
また、交通や生活の利便性が考慮された立地であれば、暮らしやすさで物件を選ぶ方もいらっしゃいます。

▼この記事も読まれています
空き家をリフォームやリノベーションするメリットとは?費用や節税方法も解説

築20年の一戸建ての売却を成功させるコツ

立地の面では有利な土地でも、新築や築浅物件と比べると買い手がつきにくくなります。
築20年の一戸建ての売却を成功させるには、いくつかのコツがあります。
一番は不動産業者を一社に絞り、専任媒介契約を結ぶことです。
専任媒介契約では、不動産業者がおこなった広告宣伝などの活動報告を定期的にお伝えします。
そのため、どういった形で広告が出されているのかが分かり、安心感につながるのではないでしょうか。
また、短期決戦は避け、中長期的に買い手を探すことをおすすめします。
そのためには売値の価格設定が大きなポイントです。
周辺で売りに出されている中古一戸建ての売値を把握しましょう。
初めは相場の1~2割ほど高めの額を設定し、数カ月後に値下げをしていくという手法がおすすめです。

▼この記事も読まれています
ミッドセンチュリーと北欧デザインの違いやリノベーションのコツとは?

まとめ

築年数が20年ほど経過した建物は価値が下がってしまっていますが、土地は経年による影響を受けません。
一方で、リフォームを前提として不動産を探されている方もいるため、需要が無いわけではありません。
相場に合った価格設定をおこない、時間をかけて買い手を探すことで、売却成立に導くことができるでしょう。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産にお任せください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら



”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る