事故物件を建て替えるメリット・費用相場をご紹介!の画像

事故物件を建て替えるメリット・費用相場をご紹介!

C21川越不動産

事故物件を建て替えるメリット・費用相場をご紹介!

事故物件を建て替えると、資産価値は上がるのでしょうか。
また、建て替えるメリットや、どのくらいの費用がかかるのか、気になる方も少なくないと思います。
そこで今回は、事故物件の建て替えに関する情報についてご紹介いたします。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


事故物件は建て替えても資産価値は上がらないのが一般的?

事故物件とは、心理的瑕疵(かし)と呼ばれる不動産の欠陥の一種で、死亡事故や殺人事件などが起きた物件のことです。
事故物件は、建て替えても心理的瑕疵は消えることがないため、資産価値は上がらないのが一般的です。
このことから、心理的瑕疵は、物理的には見えないものですが、不動産の価値に影響を与える要素ということがわかります。
また、建て替えても、事故物件であることには変わらないので、購入者に対して告知義務があります。
告知義務とは、物件に関する重要な事実や瑕疵について事前に伝える義務のことです。
告知義務を怠ると、契約解除や損害賠償の請求を受ける可能性もあるので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
川越市の川越駅前にある商店街「クレアモール」をご紹介

事故物件を建て替えるメリット

事故物件を建て替えるメリットは、購入者やが見つかりやすくなる点です。
資産価値は上がらないものの、理的瑕疵を低下させることができます。
また、建て替えることで自由度が高まります。
建て替えることで設計や間取りを自分の好みやニーズに合わせて変更できるためおすすめです。
さらに、資金調達がしやすくなる点もメリットです。
住宅ローンの選択肢が広がり、リフォームローンに比べ金利も低い傾向にあります。

▼この記事も読まれています
屋外に設置する犬小屋はDIYできる?設置の必要性や作り方を解説!

事故物件を建て替えるときの費用相場

事故物件を建て替える際は、さまざまな費用がかかるためシーン別でご紹介いたします。
まず、解体の際の費用相場は、90万~150万円程度です。
ただ、建物の大きさや構造によって費用は異なるため、事前に確認するようにしましょう。
次に、建て替えの際は登記手続きも必要で、費用相場は3万円程度です。
登記の種類はさまざまで、建て替えの際の登記は「建物滅失登記」が該当します。
最後に、建築の際の費用相場は、坪単価や面積によって異なりますが、2,400万円程度です。
また、建築の際の費用は、坪単価や面積だけで決まるのではなく、外構工事も追加費用となるので注意しましょう。

▼この記事も読まれています
鉄筋コンクリートの建物構造のメリット・デメリットや向いている方を解説!

まとめ

事故物件は、建て替えても心理的瑕疵は消えることがないため、資産価値は上がらないのが一般的です。
ただ、心理的瑕疵を低下させることができるため、建て替えをおこなうと購入者が見つかりやすくなります。
そして、解体の費用相場は90万~150万円程度で、登記の費用相場は3万円程度、建築は2,400万円程度です。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産にお任せください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら



”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る