セカンドハウスローンとは?一般的な住宅ローンとの違いと審査基準を解説の画像

セカンドハウスローンとは?一般的な住宅ローンとの違いと審査基準を解説

C21川越不動産

セカンドハウスローンとは?一般的な住宅ローンとの違いと審査基準を解説

現在、住宅ローンを借りている場合でも、別のローンを借りてセカンドハウスを購入することが可能です。
その際のローンを「セカンドハウスローン」と言い、メリットがいくつか生じます。
今回は、セカンドハウスローンとは何か、一般的な住宅ローンとの違い、審査基準について解説します。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


セカンドハウスローンとは

セカンドハウスローンとは、別荘やリゾートマンションなどのセカンドハウスを購入する際に利用できるローンのことです。
セカンドハウスを購入する際に使えるローンの種類には、セカンドハウス専用ローンやフラット35などがあります。
セカンドハウス専用ローンは、独自保証を取り扱っている点が特徴ですが、比較的金利が高く、審査も通りにくいです。
一方、フラット35は、金利が一定で長期間借りられるメリットがありますが、対象住宅の基準が定められています。
多額の借り入れを希望する方はセカンドハウス専用ローン、金利をできるだけ抑えたい方はフラット35がおすすめです。

▼この記事も読まれています
頭金なしの住宅ローンは危険?メリットとデメリットをチェック!

セカンドハウスローンと一般的な住宅ローンの違い

まず、セカンドハウスローンの金利は、一般的な住宅ローンよりも高くなることが多いです。
一般的な住宅ローンよりも3倍程度の金利を想定すると良いでしょう。
次に、セカンドハウスローンの審査は、一般的な住宅ローンよりも厳しい傾向にあります。
さらに、住宅ローンの控除を受けることができず、費用の負担が大きくなることが考えられます。
セカンドハウスローンを利用する場合は、これらの違いをよく確認して、無理のない計画を立てることが大切です。

▼この記事も読まれています
不動産投資としての山林購入とは?価格相場や購入するメリットも解説!

セカンドハウスローンの審査基準

セカンドハウスローンの審査基準は、一般的な住宅ローンと同じように、返済能力、健康状態、雇用状況などが重視されます。
返済能力とは、契約者がきちんとローンを返済できるかどうか年収を基準に判断します。
一般的には、セカンドハウスローンの返済能力があると認められるのは、年収500万円以上とされているので注意しましょう。
健康状態とは、契約者の年齢や病歴などが考慮されることで、団体信用生命保険への加入が求められます。
雇用状況とは、契約者の勤務先や職種、勤続年数などが評価されることで、年収だけではなく、安定した収入が見込めるかどうかです。

▼この記事も読まれています
不動産購入時にかかる不動産取得税とは?計算方法や軽減措置も解説!

まとめ

セカンドハウスローンとは、別荘や投資用の住宅を購入するためのローンです。
一般的な住宅ローンとの違いは、金利が高いことや住宅ローンの控除を受けられないことが挙げられます。
そして、セカンドハウスローンの審査基準に関しては、主に返済能力、健康状態、雇用状況が見られるでしょう。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産にお任せください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら



”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る