親子間で任意売却できるのか?メリットや注意点も解説の画像

親子間で任意売却できるのか?メリットや注意点も解説

C21川越不動産

親子間で任意売却できるのか?メリットや注意点も説明

マイホームを手に入れるときに借り入れた住宅ローンを支払えなくなり、債務を清算するためやむなく任意売却するケースがあります。
ところで、任意売却する場合、親子間でおこなっても構わないのでしょうか。
この記事では、親子間でも任意売却が可能なのかとともに、考えられるメリットや注意点を解説しますので、不動産売却を考えている方はお役立てください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


任意売却を親子間でおこなうメリット

任意売却は住宅ローンが絡むため債権者である金融機関などとの調整が必要になりますが、全額返済できるのであれば親子間でも可能です。
債権者側としては、不動産を買ってもらい残債を整理すれば問題を解決できるため、親子を廃除する理由がありません。
むしろ親子は近しい関係なので売買の話を進めやすく、見知らぬ方に売却するのと異なり、さまざまなメリットが考えられます。
まず、お互いに遠慮しないで、自らの要望を主張しやすいでしょう。
また、場合によっては、ローンを払えなくなった事情に配慮し、購入したうえで売主に貸すケースも考えられます。
そうすると、売主は引っ越しを免れるとともに、慣れ親しんだマイホームに引き続き住み続けることが可能になります。
引っ越し費用がかからないだけではなく、周囲に借金返済できなくなった事情を知られずに済むので、プライバシーが守られる点もメリットになるでしょう。
その後は、無理な返済からも解放されるため、明るく暮らせることでしょう。

▼この記事も読まれています
土壌汚染の可能性がある土地を売却する方法とは?調査の必要性も解説!

任意売却を親子間でおこなう際の注意点

住宅を購入する場合に住宅ローンを利用するのは一般的で、任意売却も同様です。
しかし、親子間で任意売却をおこなう際には、住宅ローンを利用しにくくなる点が注意点の1つにあげられます。
金融機関は親子における借金の肩代わりと判断し嫌悪感を示すため、通常は融資における審査がとおりやすい公務員などであっても難しいかもしれません。
なお、大手の金融機関よりは、規模が小さいほうが融通をつけてくれやすいといわれており、地域の信用組合などへ住宅ローンを利用できるか相談してみましょう。
また、市場価格より安い金額で不動産を売却すると贈与と判断されるかもしれません。
贈与と判断された場合には贈与税が発生するため、売買価格の設定にも注意が必要です。
一方、売買価格を高額に設定すると、売買の際の譲渡益とみなされ不動産取得税がかかるので、市場価格など適正な金額で売買しましょう。

▼この記事も読まれています
火事にあった土地のお祓いは必要?売却への影響や注意点をご紹介

まとめ

親子間であっても金融機関と調整したうえで任意売却するのは可能であり、さまざまなメリットが考えられます。
しかし、買い手側が住宅ローンを利用できないケースが考えられるため、地域の信用組合などへ住宅ローンを利用させてくれるか相談してみましょう。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産にお任せください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら



”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る