入札方式による不動産売却とは?手続きの流れとメリット・デメリットの画像

入札方式による不動産売却とは?手続きの流れとメリット・デメリット

C21川越不動産

入札方式による不動産売却とは?手続きの流れとメリット・デメリット

不動産の売却方法には、オークション形式で価格や条件が決定する方法があるのをご存じでしょうか。
この記事では入札方式による不動産売却について、特徴やメリット・デメリット、手続きの流れを解説しています。
不動産売却を検討している方はぜひ参考にしてください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


入札方式の不動産売却とは

入札方式とは、1つの不動産に複数の購入希望者が申し出て、好条件をつけた方に売却が決まる方法です。
一方で、1つの不動産に対して1名の購入希望者が申し出、双方の合意に基づいて契約条件が決まる方法を相対(あいたい)方式と呼びます。
2つの方法の違いは、価格の決まり方と買主の選定方法です。
入札方式の場合、複数の購入希望者が競い合うと価格と買主が決定します。
相対方式は、早く申し出た購入希望者から売主との交渉権を得ます。
価格が決定するのは売主と買主、一対一の交渉です。
入札方式には、不特定多数が参加できる一般競争入札と、参加資格を満たす購入希望者だけが参加できる指名競争入札の2種類があります。

▼この記事も読まれています
土壌汚染の可能性がある土地を売却する方法とは?調査の必要性も解説!

入札方式で不動産を売却するメリット・デメリット

メリットは、希望より高額で売れる可能性がある点です。
相対方式の場合、売出価格より高額で契約が決まるケースはほとんどなく、交渉次第では売出価格より低い価格で決まる場合もあります。
その点入札方式では価格競争により、売出価格よりも高額で売れる可能性があります。
また参加者は多くが業者や企業のため、ローン審査次第で契約破綻があり得る個人間取引と違い、契約破綻となるリスクがありません。
反対にデメリットは、購入希望者が現れないリスクがある点です。
入札期間に購入希望者が現れなければ、当然価格競争は起こらず、売却も決まりません。
高く売って利益を得たいからといって、売出価格を高くすると購入希望者が現れない可能性が高いでしょう。

▼この記事も読まれています
土地売却の際に地中埋設物があったら?調査方法や撤去方法をご紹介!

入札方式で不動産を売却するときの流れ

入札方式による売却は、最初に売出価格を設定し、仲介代理人の選定を経て購入希望者を募集する流れでおこないます。
売出価格は相場をよく調べ、慎重に設定するのが重要です。
高すぎると購入希望者が集まらないリスクがあり、低すぎると万が一そのまま落札されて後悔する可能性があります。
仲介代理人とは、売主の代理で入札をおこなう不動産会社です。
購入希望者が集まり、オークションが開催されたら、最高額を提示した方と契約を結びます。
通常は契約前に条件や価格に関しての交渉時間が設けられ、双方の合意があって初めて契約成立です。

▼この記事も読まれています
火事にあった土地のお祓いは必要?売却への影響や注意点をご紹介

まとめ

入札方式とは、1つの不動産に複数の購入希望者が申し出て、オークション形式で条件や買主が決定する売却方法です。
通常の相対方式よりも高額で売れる可能性があり、契約破綻がない点がメリットですが、購入希望者が現れないリスクもあります。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産にお任せください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


株式会社川越不動産の写真

株式会社川越不動産 スタッフブログ担当

川越市や近隣のエリアでの住まい探しは、CENTURY21 川越不動産にお任せください。戸建てを中心に土地や中古住宅など様々な不動産情報をご提供しております。ブログでは不動産情報のほか、川越市周辺環境など様々なコンテンツをご紹介しています。


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る