土地の分筆とは?最低敷地面積の基準と調べ方をご紹介!の画像

土地の分筆とは?最低敷地面積の基準と調べ方をご紹介!

C21川越不動産

土地の分筆とは?最低敷地面積の基準と調べ方をご紹介!

最低敷地面積とは、土地を分筆する際に必要な最小限の面積のことです。
最低敷地面積を下回ると、建築基準法に違反してしまうため、建物を建てることができません。
しかし、最低敷地面積よりも小さく分筆してしまった土地は、売却することができるのでしょうか。
そこで今回は、最低敷地面積よりも小さく分筆した土地の売却方法についてご紹介します。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら


最低敷地面積とは分筆すると売却が難しくなることについて

最低敷地面積は、建築基準法で規定されており、建物の用途や地域により異なります。
最低敷地面積の土地を分筆すると、分筆後の土地が要件を満たさなくなり、建築基準法に違反する可能性があります。
これにより建築が制限され、売却時にも需要が低くなり、価格が下がる可能性があります。
ただし、分筆後の土地が100平方メートル以上であれば、例外として建築が可能な場合もあります。
最低敷地面積の土地を分筆する際は、慎重に検討する必要があります。

▼この記事も読まれています
川越市の川越駅前にある商店街「クレアモール」をご紹介

最低敷地面積の調べ方について

最低敷地面積は、建築基準法で定められ、建物を建てるために必要な最小面積を指します。
これは建物の用途や地域により異なり、一般的には50平方メートル以上が必要です。
最低敷地面積を知る方法は、市区町村のホームページや自治体の都市計画課、または地域の不動産会社に問い合わせるとよいでしょう。
市区町村のホームページでは建築基準法の条文や都道府県別の最低敷地面積の表を確認でき、不動産会社では専門的な担当者が条件や希望に応じて教えてくれます。
この数値は建物の大きさやデザインに影響する重要な要素であり、理想の家を建てる際には事前に確認することが重要です。

▼この記事も読まれています
屋外に設置する犬小屋はDIYできる?設置の必要性や作り方を解説!

隣地の所有者との合筆による土地売却が可能な条件とその方法

最低敷地面積よりも小さく分筆した土地は通常売却が難しいですが、隣地の所有者との協議により、買取・合筆の手続きを進め、売却が可能になる場合があります。
合筆とは、隣地の所有者が自身の土地と結合し、最低敷地面積を満たす統合地として登記する方法です。
この取り決めには交渉が必要で、相場よりも低い価格で合意できる場合があります。
手続きには登記や測量などの費用がかかりますので、事前に確認が必要です。
最低敷地面積未満の土地でも、隣地の所有者との協力で解決の道が開けるかもしれません。

▼この記事も読まれています
鉄筋コンクリートの建物構造のメリット・デメリットや向いている方を解説!

まとめ

最低敷地面積とは、土地の分筆や建築に関する法律で定められた、最も小さくすることができる土地の面積のことです。
最低敷地面積よりも小さく分筆してしまった土地は、一般的には売却できませんが、隣接する土地の所有者と合意ができれば、土地を統合することができます。
また、都市計画法や建築基準法の改正によって、最低敷地面積が変更された場合は、旧法に基づいて売却できる可能性があります。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産にお任せください。

株式会社川越不動産へのお問い合わせはこちら



”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る