2022年以降の住宅ローン控除の改正内容とは?概要と利用方法をご紹介!の画像

2022年以降の住宅ローン控除の改正内容とは?概要と利用方法をご紹介!

C21川越不動産

2022年以降の住宅ローン控除の改正内容とは?概要と利用方法をご紹介!

住宅ローン控除は、不動産購入者にとって大きなメリットとなる減税制度です。
2022年の税制改正により、制度に大きな変更がありました。
対象期間が延長されるといった良い面もありながら、減税率が下がった点にも注視しなければいけません。
今後、不動産購入を検討される方は、本記事を参考に、国の制度を上手に活用しましょう。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


2022年以降の税制改正:住宅ローン控除制度とは何か?

住宅ローン控除とは、正式名称を「住宅借入金等特別控除」といいます。
多くの方が住まいを購入できるよう、住宅ローンを借りる際、金利負担を少なくする減税制度です。
この制度は、不動産購入を考えている方にとって、大きなメリットとなっています。

▼この記事も読まれています
川越市の川越駅前にある商店街「クレアモール」をご紹介

2022年以降の住宅ローン控除の改正内容とは

2022年以降に住宅を購入した方・居住を開始した方が使える住宅ローン控除の詳細は以下のとおりです。

控除率が1%から0.7%に引き下げ

改正前は1%の減税を受けられましたが、税制改正後は0.7%まで引き下げられました。

控除期間は最長13年間まで延長

控除率は下げられましたが、控除期間は最長10年間から13年間に延長されました。
ただし、中古物件は最長10年間になるため、中古物件を検討中の方は注意が必要です。

住民税から控除できる金額が課税総所得金額の7%から5%へ引き下げ

所得税額で控除しきれない場合は、住民税額から控除も可能ですが、こちらの控除が税制改正後は5%に引き下げられました。

▼この記事も読まれています
屋外に設置する犬小屋はDIYできる?設置の必要性や作り方を解説!

2022年以降の住宅ローン控除の利用方法

住宅ローン控除の利用方法は、給与所得者と事業所得者で異なります。
給与所得者は初年度に確定申告、2年目以降は年末調整で住宅ローン控除が受けられます。
一方、事業所得者は毎年、確定申告が必要です。
初年度に住宅ローン控除を受ける際は、確定申告をおこないますが、多くの書類が必要になります。
具体的には、確定申告書や不動産の登記簿謄本、不動産の売買契約書や源泉徴収票、年末残高等証明書などが必要です。
ただし、給与所得者の場合、2年目以降は年末調整で対応ができ、必要な書類も初年度より少なくなります。
2年目以降に必要な書類は、住宅借入金等特別控除申告書・住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書があげられます。
これらの書類を年末調整の書類に添付すれば、申請は終了です。

▼この記事も読まれています
鉄筋コンクリートの建物構造のメリット・デメリットや向いている方を解説!

まとめ

本記事では、2022年以降の税制改正で新しくなる住宅ローン控除制度について、概要、利用方法などをご紹介しました。
住宅ローン控除は、不動産購入者にとって大きなメリットとなる減税制度です。
この記事を参考に、住宅購入を検討されている方は、制度を上手に活用してください。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


株式会社川越不動産の写真

株式会社川越不動産 スタッフブログ担当

川越市や近隣のエリアでの住まい探しは、CENTURY21 川越不動産にお任せください。戸建てを中心に土地や中古住宅など様々な不動産情報をご提供しております。ブログでは不動産情報のほか、川越市周辺環境など様々なコンテンツをご紹介しています。


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る