固定資産税の建て替え特例の適用要件とは?二世帯住宅のケースも解説の画像

固定資産税の建て替え特例の適用要件とは?二世帯住宅のケースも解説

C21川越不動産

固定資産税の建て替え特例の適用要件とは?二世帯住宅のケースも解説

更地にしたタイミングによっては、高額な固定資産税の支払いが求められることもあります。
建て替えの場合は「固定資産税の建て替え特例」を利用すれば減税が受けられますが、そのためにはいくつかの要件をクリアしなければなりません。
そこで今回は建て替え特例の概要や適用条件、二世帯住宅のケースなどを解説します。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


固定資産税の建て替え特例とは?

固定資産税の建て替え特例とは、古い家を建て替える際に適用される税制措置です。
具体的には一定条件を満たすと減税が受けられるものですが、1月1日時点で住宅が建築されていない、家屋を解体したなどは対象外となります。
住宅がない更地の状態だと、建築されているときの3倍もしくは6倍の高額な固定資産税を納めなければなりません。
しかし、1月1日で建て替え中であれば、条件を満たして申請すると宅地用例外として扱われて税負担の増加を防げます。
特例を利用するためには申請が必要なので、時期を逃さないようにしましょう。

▼この記事も読まれています
頭金なしの住宅ローンは危険?メリットとデメリットをチェック!

固定資産税の建て替え特例における適用要件

適用要件として、まず前年1月1日のタイミングで住宅用地でなければなりません。
そもそも住宅用地での建て替えのみを対象とする特例であり、それ以外の土地は対象外になります。
また、着工時期についても適用要件があり、1月1日には住宅の建築が開始され翌年1月1日までには完成していなければなりません。
そして、同一の敷地であることも要件のひとつです。
あくまでも、これまで家が建築されていた場所への建て替えが条件のため、自分の土地であっても新しく宅地用地とすることは認められません。

▼この記事も読まれています
不動産投資としての山林購入とは?価格相場や購入するメリットも解説!

二世帯住宅で固定資産税の建て替え特例を利用する際の適用要件

親が所有する土地に子どもが二世帯住宅を建てる場合、特例を利用するためには住宅を共有名義にするなどの対応が必要です。
また、二世帯住宅の種類によっても異なります。
2つの家がつながっている構造だと、200㎡以下なら小規模住宅用地として扱われるため固定資産税評価額は1/6になりますが、それ以上の部分に関しては1/3になります。
その一方でそれぞれが独立する家の場合はひとつでも2戸分とみなされ、400㎡以下までは固定資産税の評価額が1/6に軽減される仕組みです。

▼この記事も読まれています
不動産購入時にかかる不動産取得税とは?計算方法や軽減措置も解説!

まとめ

建て替える際、固定資産税の建て替え特例を利用すれば減税が受けられます。
そのためには、着工時期や敷地に関するいくつかの適用条件を満たさなければなりません。
とくに二世帯住宅の場合は共有名義にするなどの対応が必要になりますが、負担軽減のためには特例の利用がおすすめです。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


株式会社川越不動産の写真

株式会社川越不動産 スタッフブログ担当

川越市や近隣のエリアでの住まい探しは、CENTURY21 川越不動産にお任せください。戸建てを中心に土地や中古住宅など様々な不動産情報をご提供しております。ブログでは不動産情報のほか、川越市周辺環境など様々なコンテンツをご紹介しています。


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る