土地の敷地調査とは?調査項目や費用についても解説の画像

土地の敷地調査とは?調査項目や費用についても解説

C21川越不動産

土地の敷地調査とは?調査項目や費用についても解説

家を建てようと思うと、ハウスメーカーや工務店から土地の敷地調査を求められますが、そもそも敷地調査ってなに?と思っている方も多いでしょう。
敷地を最大限に活用するために、敷地の面積を正しく測ったり、登記簿上の面積と一致するかなどを、細かく調査するものです。
こちらでは、敷地調査にはどのような調査項目があるのか、費用はいくらぐらいかかるのかも解説していきます。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


土地の敷地調査とは

敷地調査では、正確な形状と面積を測量し、道路や隣地との高低差や、上下水道・ガス・電気などのライフラインの確認もおこないます。
特に登記簿とのずれがないかは大切なポイントで、なにか不備があれば修正してから建築作業に入らなくてはいけません。
また、地盤の強度と建築基準法や土地計画法などの敷地にかかる法規制についても確認する、住宅の建設前には必要な調査です。
これにより、地盤の強度に問題があれば強化工事が、高低差が激しい場合には擁壁が、ライフラインに不備があれば整備など、住宅建築に欠かせない工事の準備ができます。

▼この記事も読まれています
頭金なしの住宅ローンは危険?メリットとデメリットをチェック!

土地の敷地調査の調査項目

調査項目は、敷地の形や面積といった登記に関すること、周辺の道路との接道幅、地目など法規制に関することなど、多岐にわたります。
周辺環境についても、電柱・電線・街路樹の位置・日当たり・風通し・方位にくわえて、近隣の建物の窓の位置や距離、高低差や歩行者の目線まで調査し、設計時の参考にされます。
また、工事のためのトラックやレッカー車、クレーンなどが搬入できる道幅があるかといったことも調査対象です。
土地の状態を細かくチェックするための調査で、家を建てる際は早めに依頼することで、その後の計画がスムーズに進みます。

▼この記事も読まれています
不動産投資としての山林購入とは?価格相場や購入するメリットも解説!

土地の敷地調査にかかる費用

敷地調査の費用相場は、1件あたり5~8万円程度です。
ただし、注文住宅を建てる場合には、ハウスメーカーや工務店が建築前に無料でおこなってくれることもあります。
注文住宅の相談をしているハウスメーカーや工務店があれば、敷地調査について問い合わせてみると良いでしょう。
調査後の対処費用については自己負担ですが、土地の特徴がわかることで間取りなどの参考にもなるので、快適な家づくりには欠かせません。

▼この記事も読まれています
不動産購入時にかかる不動産取得税とは?計算方法や軽減措置も解説!

まとめ

土地の敷地調査は家を建てるために必要で、敷地の面積から周辺の環境などまで細かくチェックされます。
補強が必要なところを知ったり、間取りなどの参考にもなるので、マイホームの建築を計画する際は早めにおこなうと良いでしょう。
川越市で戸建てなどの不動産情報を探すならCENTURY21 川越不動産がサポートいたします。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


株式会社川越不動産の写真

株式会社川越不動産 スタッフブログ担当

川越市や近隣のエリアでの住まい探しは、CENTURY21 川越不動産にお任せください。戸建てを中心に土地や中古住宅など様々な不動産情報をご提供しております。ブログでは不動産情報のほか、川越市周辺環境など様々なコンテンツをご紹介しています。


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る