土地を購入予定の方必見!宅地造成等規制法とは?の画像

土地を購入予定の方必見!宅地造成等規制法とは?

C21川越不動産

土地を購入予定の方必見!宅地造成等規制法とは?

これから土地を購入しようと考えている方で、宅地造成等規制法という言葉を聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。
言葉が難しいので、どのような法律なのか、くわしく知っている方は少ないかもしれません。
これから土地を購入予定の方向けに、宅地造成等規制法がどんな法律なのか、どんな注意点があるのかについてご説明していきます。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


宅地造成等規制法とは?

まず宅地造成とは、森や農業用の土地を住宅用の土地に変えるために土地の形を変更することをいいます。
宅地造成等規制法とは、農業用などの土地だった場所を住宅用に土地の形を変えたことによって、土砂災害などの災害を防ぐ目的の法律です。
この法律は1961年に作られました。
この法律ができる前から行政などによって住宅用の土地に変える場合は、注意するようにと指導などがありました。
しかし、その指導はこの法律ほど厳しくないので、土地を変えたせいで災害が起きてしまうケースがありました。
行政といっても各自治体の条例などで決められていたものなので、全国で統一していたわけでもありません。
各自治体によって条例が違うといった事態を防ぎ、住民が安心して暮らせるようにするために宅地造成等規制法ができました。
宅地造成等規制法があり、全国で同じルールによって土地を変えるので災害が少なくなっています。

▼この記事も読まれています
頭金なしの住宅ローンは危険?メリットとデメリットをチェック!

土地購入における宅地造成等規制法の注意点

宅地造成等規制区域内の土地を購入するときの注意点は次のものです。
まず、工事が終わりすでに整備された土地を買うときは、その土地の検査済証を確認しましょう。
これは宅地造成等規制法にもとづいて、工事が終わったときに法律に書かれている基準に達しているかを検査します。
検査に合格した場合には、検査済証が与えられこの検査済証があればその土地は安全だと証明されたことになります。
建築済み建物でも、検査をした時期が古い場合は今の検査条件に満たない場合があります。
その場合は行政から改善するようにいわれてしまい、費用や工期もかかるので購入するときは、しっかりと確認してから話を進めましょう。

▼この記事も読まれています
不動産購入時にかかる不動産取得税とは?計算方法や軽減措置も解説!

まとめ

土地をこれから購入しようと考えている方でしたら、その買おうとしている土地が宅地造成等規制法に引っかからない土地なのかを今回述べた注意点に沿って確認しましょう。
確認せずに買ってしまい、法律にひっかかる土地であれば土地を整備する費用もかかるので事前に調べてから土地を買うようにしましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


株式会社川越不動産の写真

株式会社川越不動産 スタッフブログ担当

川越市や近隣のエリアでの住まい探しは、CENTURY21 川越不動産にお任せください。戸建てを中心に土地や中古住宅など様々な不動産情報をご提供しております。ブログでは不動産情報のほか、川越市周辺環境など様々なコンテンツをご紹介しています。


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る