鉄筋コンクリートの建物構造のメリット・デメリットや向いている方を解説!の画像

鉄筋コンクリートの建物構造のメリット・デメリットや向いている方を解説!

C21川越不動産

鉄筋コンクリートの建物構造のメリット・デメリットや向いている方を解説!

これからマイホームの購入を検討するにあたり、鉄筋コンクリート造の建物構造が気になっている方もいるのではないでしょうか。
鉄筋コンクリート造の建物構造についてはあまり知られていないメリットなどがあるので、特徴を理解したうえで購入を検討することは大切です。
そこで今回は、鉄筋コンクリート造の建物構造のメリットとデメリットについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

建物構造が鉄筋コンクリートのメリット

鉄筋コンクリート造とは骨組みに用いた鉄筋の間にコンクリートを流し込んで固める工法のことで「RC(Reinforced Concrete)造」とも呼ばれます。
木造や軽量鉄骨造などほかの建物構造と比較すると、耐震性や耐火性、断熱性、耐久性などに優れている点が特徴です。
遮音性も高いため、生活音を原因とする隣近所の方とのトラブルも防げるでしょう。
また、建物構造の強度が高いことから、木造住宅とくらべると間取りの自由度が高く、広いリビングや吹き抜け、大きめの窓を設けることも可能です。

建物構造が鉄筋コンクリートのデメリット

鉄筋コンクリート造の建物構造には数多くのメリットがありますが、一方でほかの構造と比較すると建築コストが高く付いてしまう点はデメリットと言えます。
建物全体の重量もあるので、鉄筋コンクリート造の一戸建てを建築する際には地盤の強度にも気を付けなければなりません。
地域によっては建物の建築に際して地盤改良工事をおこなわなければならず、予想外の費用がかかることもあります。
また、鉄筋コンクリート造は気密性に優れ、室温を一定に保つ特徴がありますが、一方で通気性が悪いために結露やカビが発生しやすい点にも注意が必要です。
そのほか、壁の厚みやコンクリートの密度によっては防音性に欠けることがある、モバイルWi-Fiの電波が入りにくい、夏は暑くて冬は寒いなどの点もデメリットです。

鉄筋コンクリート造の建物構造はどんな方におすすめ?

鉄筋コンクリート造の建物構造は遮音性に優れていることから、周囲の生活音が気になる方に向いています。
耐火性や耐震性が高く、建物の寿命も長いことから、長期間にわたって安全な家に住みたい方にもおすすめです。
ほかの構造と比較すると建築費が割高であることから、経済的に余裕があり性能の優れた家に住みたいと考えている方に向いていると言えるでしょう。

鉄筋コンクリート造の建物構造はどんな方におすすめ?

まとめ

鉄筋コンクリート造は、木造や鉄骨造などほかの建物構造よりも耐火性や耐久性、耐震性、遮音性などに優れている点がメリットです。
しかし建築費が高い、結露やカビが発生しやすい、夏は暑くて冬は寒いなどのデメリットもあるため、購入に際しては慎重に検討することをおすすめします。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る