空き家の水道光熱費はいくらかかるのか?節約するためのコツもご紹介!の画像

空き家の水道光熱費はいくらかかるのか?節約するためのコツもご紹介!

C21川越不動産

空き家の水道光熱費はいくらかかるのか?節約するためのコツもご紹介!

空き家は所有しているだけでも維持管理費がかかりますが、水道光熱費もそのひとつです。
たとえ人が住んでいなくても、契約したままにしておけば水道光熱費は毎月発生します。
今回は、空き家の管理にかかる水道光熱費の費用や、解約・継続のメリット・デメリットについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家にかかる水道光熱費は平均いくら?

空き家はまったく管理せずにいると劣化が進んでしまうため、所有者は定期的に掃除や換気・水道の通水をしたりする必要があります。
そのときのために、水道や電気・ガスなどのライフラインを契約したままの状態にしている方も多いのではないでしょうか。
たとえ月に1~2回しか使用しないとしても、水道代・電気代・ガス代は発生します。
基本料金と使用料金を合計して、少なくとも月に1,000~3,000円は負担することになるはずです。
そのほか、排水管やガス管・浄化槽などの点検やメンテナンスにも費用がかかるので確認しておきましょう。

水道光熱費がかかる空き家のライフラインは解約すべきか?

誰も住んでいないにも関わらず水道光熱費が発生するため、支払いがもったいないと感じる方も多いのではないでしょうか。
確かに、ライフラインをすべて解約してしまえば水道光熱費の負担はなくなるため、金銭的にはメリットがあります。
しかし、水道や電気・ガスが使えなくなると空き家の掃除や通水ができなくなり、建物の劣化が進みやすくなります。
長期間にわたって管理がおこなわれていない空き家は自治体によって「特定空き家」に指定されるかもしれません。
特定空き家に指定されると固定資産税の軽減措置が適用されなくなるなどのデメリットがあるので、最低限のライフラインは継続したほうが良いでしょう。

空き家の水道光熱費を節約するためのコツ

空き家の維持管理にはライフラインを確保しておく必要がありますが、できるだけ節約するための方法を考えることが大切です。
まず、待機電力の発生を防ぐために、普段はすべてのコンセントを抜きましょう。
また、掃除などの際に使用するとき以外は、電気のブレーカーを落としておくのも効果的です。
この方法は、漏電による火災の発生を防ぐことにもつながるため、一石二鳥といえます。
さらに、契約しているアンペア数を低くすることも検討してみてはいかがでしょうか。
アンペア数を下げると基本料金が安くなるため、電気代の節約が可能です。

空き家の水道光熱費を節約するためのコツ

まとめ

空き家は使っていなくても水道光熱費が発生するため、具体的にいくらぐらい負担しているのか確認してみると良いでしょう。
空き家の維持管理のためにはライフラインを解約すべきではありませんが、節約するためのコツはあるのでチェックしておくことをおすすめします。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る