窓の断熱性能について比較!アルミサッシと樹脂サッシの違いなどを解説の画像

窓の断熱性能について比較!アルミサッシと樹脂サッシの違いなどを解説

C21川越不動産

窓の断熱性能について比較!アルミサッシと樹脂サッシの違いなどを解説

これから注文住宅を建てたいと考えている方やリフォームを考えている方は、窓の断熱性能が気になるのではないでしょうか。
窓は住宅の断熱性を高める重要な部分です。
今回は窓の断熱性能の比較として、樹脂サッシ、アルミサッシ、複層ガラスについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

比較1:アルミサッシ

アルミサッシはサッシ全体がアルミニウムで作られています。
素材として耐久性があり、加工しやすいのが特徴です。
軽さがあり、加工もしやすく、耐久性も高く、コストも低いのが特徴でしょう。
良いところばかりの気がしますが、アルミサッシは熱を伝えやすいというデメリットがあります。
アルミは熱を伝えやすい素材なので、窓としての断熱性能が低く、省エネ性には優れていません。
また熱が伝わりやすいのは、窓が結露しやすいデメリットでもあります。

比較2:樹脂サッシ

樹脂サッシはサッシ全体を樹脂で作られており、樹脂の熱の伝えにくさを活かしています。
樹脂サッシは断熱性が高く、熱の伝わりやすさはアルミの1/1,000程度とされます。
そのため、省エネ性能が高い窓といえるでしょう。
実際に、樹脂サッシを使用していると、アルミサッシに比べて、室内温度が夏場は2℃低く、冬場は4℃高くなる実験結果があります。
ただしアルミサッシと比べると、価格が高くなるのがデメリットです。
またアルミサッシに比べて紫外線に弱い面もありますが、環境やメンテナンスの状態で約30年程度は品質を維持できます。

比較3:複層ガラス

複層ガラスは2枚以上のガラスで空気層を閉じ込めた構造の窓ガラスです。
ペアガラスと呼ばれる複層ガラスは、窓の内部に空気層があり、断熱効果を高めています。
複層ガラスには、空気層に乾燥空気を注入したタイプ以外に、熱を伝えにくいアルゴンガスやクリプトンガスを封入したタイプがあります。
乾燥空気よりも、クリプトンガス、アルゴンガスの順番で断熱性能が高くなり、省エネ性も高くなります。
トリプルガラスと呼ばれる、ガラスを3枚使って空気層を作ったガラスもあります。
2枚ガラスに比べ、空気層が2つあるので断熱性能がより高くなるのが特徴です。
トリプルガラスも2枚ガラスと同様に、乾燥空気やアルゴンガス、クリプトンガスなどのタイプがあります。

比較3:複層ガラス

まとめ

窓の断熱性能を比較するために、3種類をご紹介しました。
アルミサッシは、ほかの2つに比べると断熱する力が劣ってしまいます。
断熱の効果が高いと、冬場でも夏場でも室内で快適に過ごせるので、断熱性能が良い窓を選ぶのがおすすめです。
それぞれのメリット・デメリットを確認して、最適な窓を選んでください。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る