一戸建ての屋根修理をしたいと思っている方へ修理時期や費用などをご紹介の画像

一戸建ての屋根修理をしたいと思っている方へ修理時期や費用などをご紹介

C21川越不動産

一戸建ての屋根修理をしたいと思っている方へ修理時期や費用などをご紹介

一戸建てを購入ししばらく時間が経過したため、屋根修理をおこなおうと考えている方もいらっしゃるでしょう。
一戸建ての屋根修理はいつごろおこなったほうが良いのか、どれくらいの修理費用がかかるのか気になるところです。
本記事では、一戸建ての屋根修理についてご紹介しますので参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建ての屋根修理は屋根の素材によって目安時期がある

一戸建ての屋根修理は屋根の素材によって目安時期があるため、素材ごとの修理時期をご紹介します。
スレートはスレート自体の耐用年数である10年~15年おきには屋根修理が必要です。
瓦の場合は、瓦自体は50年以上持ちますが、接着や瓦の色褪せなどのメンテナンスが10年~15年で必要になってきます。
ガルバリウム鋼鈑などの金属屋根は20~40年持ち、メンテナンスは20~30年で良いとされています。

一戸建ての屋根修理の費用相場

まず、屋根を修理しようと思うと足場代がかかります。
足場代は㎡単価600円~1,000円が多く、一般的な一戸建てに足場を組むには200㎡くらいの足場が必要になるため、おおよそ12万円~20万円かかるでしょう。
この足場代に屋根の修理費用が加わります。
瓦の葺き替えの場合、1棟あたり90万円~150万円必要になるため、足場代と合わせると100万円~170万円ほどになります。
また、屋根の葺き替えをする場合は新たに雨どいを新調しないといけないこともあり、金額は増える可能性も考慮しておきましょう。
雨漏りがある場合は、補修内容により3万円~200万円と修理費用に幅が出てしまいます。

条件を満たせば一戸建ての屋根修理に火災保険が出る

一戸建ての屋根修理しなければならない原因が自然災害の場合、屋根修理のための費用が火災保険で出る可能性があります。
火災保険は自然災害により破損した部分の屋根修理費用を支払ってくれる、という契約になっているためです。
火災保険は基本的に破損した部分の補修や取り替え費用しか適用されませんが、破損した素材が現状入手不可の素材であれば葺き替えを認めてくれるケースもあります。
そのため、自然災害が原因で一戸建ての屋根修理が必要となった場合は、火災保険の保険会社への申請を忘れずおこなうようにしましょう。

条件を満たせば一戸建ての屋根修理に火災保険が出る

まとめ

一戸建ての屋根修理の時期は、屋根の素材により変わりますが、おおよそ10年~30年の間におこなう必要が出てきます。
足場代を含めた屋根修理費用は高額になるため、計画的に屋根修理をおこなうようにしておくことが重要です。
また、自然災害による屋根の破損修理などは火災保険から出ることがあるため、上手く活用して屋根修理をおこなっていきましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る