住宅ローン審査の流れや基準とは?必要な対策についても解説!の画像

住宅ローン審査の流れや基準とは?必要な対策についても解説!

C21川越不動産

住宅ローン審査の流れや基準とは?必要な対策についても解説!

住宅ローンを利用するためには審査にとおらなければなりません。
しかし、どうしたら通過できるのか、流れや基準が良くわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、マイホーム購入を検討している方に向けて、住宅ローン審査の流れや基準、とおるために取るべき対策について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンの審査はどういう流れでおこなわれるの?

住宅ローンを借りるまでの流れには事前審査と本審査があり、ローンを利用したいのであれば両方通過する必要があります。
まず、事前審査では購入を予定している物件や本人の収入・職業などがチェックされ、ここで要する期間は3日~4日程度です。
そのあと正式な申し込みを経て本審査がおこなわれ、その際にはさまざまな書類を提出しなければなりません。
複数の項目が厳密にチェックされるため、期間も1週間ほどかかりますが、無事にとおれば住宅ローン契約を結べるようになります。

住宅ローンの審査基準はどうなっているの?

事前審査で見られるのは、ローン完済時の年齢や健康状態などです。
80歳未満でローンを完済できることや、団体信用生命保険に加入できる健康状態であるかなどが基準となっています。
そのほか、ローンを組む本人の年収や購入を考えている物件の担保評価についても確認され、返済能力がないとみなされれば借り入れが不可能となります。
健康状態や年収に問題がなくても、購入したい物件の担保評価が低ければ、住宅ローンを組めなくなる場合もあるでしょう。
また、返済負担率といって、年収に占めるローン返済額の割合も評価の対象となり、この割合が高いほど借り入れが難しくなります。

住宅ローンの審査にとおるための対策とは?

住宅ローンの利用を希望している方の状況によっては、無事に借りるための対策が必要でしょう。
クレジットカードの取引や別ローンの借り入れ状況などの信用記録を確認した際に、滞納などの履歴がある場合は不利になります。
そのため、気になる方はご自身の信用情報の開示をおこなって、問題がないか確かめておいたほうが良いでしょう。
また、返済負担率を基準内に引き下げるために、自動車などのローンを組んでいる方はこれまでの借り入れ金額を洗い出し、資金計画の見直しをおこなうことをおすすめします。
不要なクレジットカードは解約したり、携帯電話など分割払いになっているものはできるだけ全額返済したりするのも対策の一つです。

住宅ローンの審査にとおるための対策とは?

まとめ

住宅ローンの審査は2段階でおこなわれ、本人の完済時の年齢や年収に健康状態、購入したい不動産の担保評価などから、返済能力をチェックします。
すでにローンを組んでいたり、信用情報に問題があったりすると、審査にとおらない恐れもあるので注意しましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る