日当たりが悪い家を売却したいときに知っておきたいことを解説の画像

日当たりが悪い家を売却したいときに知っておきたいことを解説

C21川越不動産

日当たりが悪い家を売却したいときに知っておきたいことを解説

家を買う方は条件についてもチェックして購入を決めるものですが、売ろうと思っている家が良い条件ばかり揃っているとは限りません。
なかでも採光の良さは、家購入の際に条件の上位にあげている方が多いものです。
そこでこちらの記事では、日当たりが悪い家を売却したいときに知っておきたい、価格への影響や売るためのコツなどについて解説していきましょう。

弊社へのお問い合わせはこちら

日当たりが悪い家は売却価格にどれぐらいの影響を与えるか解説

家を売る場合、南向きや東向きなど日当たりが良い方角であるほど人気があり、高額で売りやすいものです。
日当たりが悪い家は、洗濯物が乾きにくい、湿気が多くカビが発生しやすい、昼間でも暗いなどのマイナス評価が多いため、需要が少ない傾向にあります。
そのため売却価格も日がよく当たる家よりも下がってしまうのが現実です。
一般的に、日があまり当たらない家は通常の家の80%ほどの価格になると言われています。

日当たりが悪い家にもメリットはたくさんある

一般に人気がない日当たりが悪い家ですが、実は悪い点ばかりではなくメリットがあることも知っておきましょう。
たとえば、真夏の暑い時期には日差しが室内に入り込むことがないため涼しく過ごせます。
エアコンの効きも良くなるので節電効果も期待できます。
同時に紫外線が室内に差し込みにくくなり、畳や家具、カーテンなど室内の物の日焼けを比較的防ぐことができるでしょう.
生活の仕方によっては日があまり当たらない家のほうが暮らしやすい方もいます。
日中は働いていてほとんど家で過ごすことがない方や、昼間に睡眠時間を取りたい夜勤の方などは、日があまり当たらない家をメリットと感じる可能性があります。

日当たりが悪い家をスムーズに売却するコツをご紹介

日当たりが悪い家をできるだけスムーズに売却するためのコツとして重要なのは、室内が明るく見えるようにすることです。
広告などに載せる写真を撮るときには、できるだけ明るく見えるように撮影を工夫しましょう。
また、内覧の際には室内の照明を多めに設置して、昼間でも照明をつけたままでお客様を迎えるようにします。
室内の設備が汚れてくすんだ状態のままでは暗く見えてしまうので、しっかり掃除をしておくことも忘れずに。
先ほどご紹介したメリットをお客様に上手にアピールし、日があまり当たらない家を魅力的に感じる方をターゲットにするのも、ひとつの方法です。

日当たりが悪い家をスムーズに売却するコツをご紹介

まとめ

家を売る場合、日当たりが良い家のほうが需要があり、価格も高くなるのが一般的です。
ただし、売ろうと思っている家の日当たりが悪い場合でも、諦めることはありません。
内覧で良い印象を持ってもらうために室内の照明を増やしたり掃除をしたり、メリットを上手にアピールすることで、スムーズに売却することも十分可能です。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る