二世帯住宅とはどのようなもの?売却する際のポイントについても解説の画像

二世帯住宅とはどのようなもの?売却する際のポイントについても解説

C21川越不動産

二世帯住宅とはどのようなもの?売却する際のポイントについても解説

二世帯住宅という言葉はよく耳にしますが、どんな特徴があってどのような種類があるのかと考えると、はっきり分からないものです。
そこでこちらの記事では、二世帯住宅とは具体的にどのような特徴があるのか、また、売却しにくい理由や注意点などのポイントについても解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

二世帯住宅の種類とは

二世帯住宅とは親世帯と子世帯が一緒に住むことができる家のことで、建物はひとつでも内部の生活空間が二世帯で分かれているものが多くあります。
このタイプの住宅には、3つのタイプがあります。

完全分離型

親世帯と子世帯の生活空間が完全に分離したタイプです。
玄関からキッチンやお風呂、トイレなどの設備まですべてが2つあり、同じ家の中でありながらお互いが別々に生活を送れるのが特徴です。
完全分離型の家には、1階と2階で分けているものと左右で分けているものがあります。

一部共用型

このタイプはキッチンやお風呂は共有で、玄関はそれぞれの空間に設置されているなど、一部分を親世帯と子世帯で共有しているのが特徴です。

完全同居型

玄関も設備も二世帯が共有で使用するタイプの住宅で、ごく普通の一戸建てのようなつくりになります。

二世帯住宅は売却しにくいと言われる理由について

一般的な住宅に比べて、二世帯住宅は売却しにくいと言われていますが、その理由について、解説していきましょう。
まず、このタイプの住宅は建築コストが高いため、売り出し価格が高くなってしまうという問題があります。
一般的な住宅と比べるとどうしても割高になってしまうため、買い手が付きにくくなるでしょう。
次に、二世帯住宅は親子で暮らすことを前提としてつくられているため、買い手のライフプランと合わないことがあります。
また、二世帯住宅が売りに出されている場合、何かマイナスな理由があるのではと心理的瑕疵物件である可能性を抱く方もいます。
ただ、近年の少子高齢化によって二世帯住宅のニーズが高まっている傾向も見られているので、あきらめる必要はないでしょう。

二世帯住宅を売却する際の注意点について解説

一般的な住宅とは異なる二世帯住宅を売る際の注意点をご紹介します。
親子で共同出資している場合や親が所有者で亡くなった場合などは、変更登記を済ませておかないと売ることができない点に注意が必要です。
また、内覧で良い印象を持ってもらうためにも徹底的に掃除をおこなって生活感を消しておくようにしましょう。
二世帯住宅としての売却が難しい場合、シェアハウスや賃貸物件など他の活用方法を模索するのもひとつの方法です。

二世帯住宅を売却する際の注意点について解説

まとめ

二世帯住宅とは親世帯と子世帯が一緒に住むことのできる家のことで、完全分離型、一部共用型、完全同居型の3種類があります。
一般的に売却することが難しいとされていますが、少子高齢化によってニーズが高まっていることもあるので、諦めずに購入希望者を探してみることをおすすめします。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る