不動産売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットを解説の画像

不動産売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットを解説

C21川越不動産

不動産売却におけるリースバックとは?メリット・デメリットを解説

マイホームを購入したものの、長期にわたる住宅ローンの返済が苦しいと感じることもありますよね。
そんなときに利用できる「リースバック」という仕組みについてご存じでしょうか?
今回は、不動産売却における「リースバック」のメリット・デメリットについてお話ししていきたいと思います。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却におけるリースバックとは?

リースバックとは、住んでいる家を売却し、売却後に買主と賃貸借契約を結び、そのまま家に住み続ける方法です。
もとの家に住み続けながら、まとまった資金を一括で手に入れることができる仕組みになっています。
ただし、売却価格が住宅ローンの残債よりも多いケースでないと抵当権を抹消できないため利用することができません。
自宅を利用して、住みながら資金調達すると聞くと「リバースモーゲージ」が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。
リバースモーゲージは、自宅を担保に金融機関や自治体からお金を借り、死亡時に自宅を売却することで一括返済する方法です。
リバースモーゲージでは所有権はそのままのため、固定資産税はそのまま払い続ける点でもリースバックと異なります。

不動産売却におけるリースバックのメリットとは?

リースバックのメリットをご紹介します。
まず、長年住み慣れた自宅に売却後も同じように住み続けることが可能です。
マンションの場合も同様で、ご近所に売却を知られることなく住み続けられるので安心です。
リースバックでは、所有権が貸主に移行され賃貸物件として住むことになります。
このため、自分の資産ではなくなるものの、固定資産税などの維持管理にかかる費用が不要になります。
そのほか、新しい家に引っ越すことになると、転居の手続き費用や引っ越し費用が必要となりますが、リースバックであれば転居をしなくても良いので、これらの費用はかかりません。

不動産売却におけるリースバックのデメリットとは?

リースバックにはいろいろなメリットがある一方で、デメリットもあります。
まず、リースバックでは、売却価格が市場価格よりも安くなる傾向にあります。
また、所有権が買主に移り自分の家ではなくなるため、自分の好きなようにリフォームや建て替えをおこなうことはできません。
ほかに、リースバックでは期間が定められた定期借家契約として賃貸借契約を結ぶことが多く、いつまでも住み続けられるとは限りません。
貸主の都合で契約終了後に立ち退きを迫られる可能性もあるため、長く住み続けるためには普通賃貸借契約を結ぶ必要があります。

不動産売却におけるリースバックのデメリットとは?

まとめ

リースバックは、売却した家を賃貸物件として借り、家賃を払い住み続ける方法です。
売却価格は安く、リフォームなどはできないものの、家に住み続けられ、固定資産税などの維持費も不要です。
しかし、リースバックは住宅ローンを完済できないと利用が難しいことを覚えておきましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る