不動産購入してリノベーションするメリットと費用をご紹介の画像

不動産購入してリノベーションするメリットと費用をご紹介

C21川越不動産

不動産購入してリノベーションするメリットと費用をご紹介

近年、中古物件を購入し、耐震性や断熱性能向上など不動産の価値を高めるリノベーションが人気です。
そこで今回は、リノベーションとはな何かにくわえ、費用やメリットをご紹介します。
新築住宅購入までの予算がない場合や立地条件が合わず中古の不動産購入を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入前にチェック!リノベーションとは

リノベーションとは、建物が持っている機能を引き立て、新たな付加価値を実現することです。
たとえば、リビングに隣接している和室の間取りを変え、仕切りをなくしひとつの空間を作るなどがリノベーションと言えます。
一方、リフォームとは、元の機能を回復することです。
たとえば古くなったキッチンを取り替えたり、クロスを張り替えたりすることが挙げられます。
リノベーションとリフォームには、わかりやすくいうと建物の構造を活かし新たな空間を実現するのか、元に戻すのかの違いがあります。

リノベーションの費用とは?不動産購入前に把握しよう

中古の不動産購入して、リノベーションする費用の相場は800〜1,500万円前後と言われています。
工事内容によって費用も大きく異なります。
不動産購入だけでもコストがかかっているため、リノベーション費用はできるだけ抑えることがポイントです。
抑えるコツは3つあります。

●どんな暮らしをしたいのか、要望を明確化する
●コストダウンだけでなくバリュエーションに精通した業者に相談する
●費用が高い水回りは再利用し、資材や建材など安価なものを取り入れる

不動産購入後にリノベーションを実施するメリット

メリットは、ライフスタイルやライフステージに合わせた間取りやデザインなどにカスタマイズできたり、立地条件に合う物件の選択肢が増えたり、新築の不動産購入をするよりリーズナブルに抑えたりできることです。
また、資産価値を高められることから、リフォームよりもリノベーションはおすすめと言えます。
デメリットは、建物が建築されてから時間が経過しているため、購入後、見えない設備が劣化しており、修繕費用が予想していたよりもかかってしまうことや建物構造で理想の間取りにできないことがあります。
また、住宅ローンは利用できず、金利が高いリフォームローンを使うため注意が必要です。

不動産購入後にリノベーションを実施するメリット

まとめ

中古の不動産購入の後に修繕するのであればリノベーションがおすすめです。
不動産の資産価値を上げ、これからの暮らしを快適にするための間取り変更などができます。
また、費用は少し高めですがインスペクションで目に見えない床下や屋根裏などされている物件であればトータルコストを抑えられます。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る