住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介の画像

住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介

C21川越不動産

住みながら不動産を売却する方法や注意点をご紹介

不動産を売却したいが費用がなく、住みながらの売却を考えている方もいるのではないでしょうか。
本記事では、住みながら不動産を売却するときの方法やメリット・デメリット、注意点をご紹介します。
不動産を住みながら売却したい方や、売却できるか心配な方は、参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

住みながら不動産を売却する方法とは?

住みながら今の家を売却して、そのあと新しい家を探す、売り先行をすることで、住みながら不動産を売却することができます。
また、住みながら売却する方法として、リースバックも利用できます。
リースバックとは、不動産を不動産会社に売却し、買主である不動産会社に賃料を支払うことで、売却した不動産に住み続ける方法です。
不動産会社に売却したあとでも、賃料を払えば、自分の家に住み続けられます。
ただし、リースバックでの買い取り金額は、物件相場の70%ほどとなります。
またリースバックをおこなった際の年間賃料は、買取価格の10%ほどとなり、家賃が相場より高くなる傾向にあるため、注意しましょう。

住みながら不動産を売却する場合のメリット・デメリットとは?

住みながら不動産を売却する場合のメリットは、売却で得たお金を住み替え費用に充てられることです。
また、内覧時に家に住んだ際のイメージを具体的に買主に伝えることができます。
家具が設置されている家を見ることで、自分が生活する具体的なイメージをもてるからです。
一方で、住みながら不動産を売却する場合デメリットは、週末などに急に内覧の予定が入ってしまう可能性があることです。
内覧は休日に集中しやすく、急に予約が入ることもあるため、その際は1日予定をあけておかなければいけません。
さらに、生活感が部屋に出ていると、買主がつかないこともあるため、内覧に向けて部屋を常にきれいにしておく必要があります。

住みながら不動産を売却する際の注意点とは?

転居先の事前調査を、売却活動と並行しておこないましょう。
家の売却が決まってから引き渡しまでの期間は3~6か月ほどとなるケースが多いです。
その間に引っ越し先を探さなければいけませんが、見つからないこともあるため、注意しましょう。
また、自分の家をいつでも内覧できる状態にしておくことも大切なポイントです。
水回りにカビがはえていたり、においがきつかったりすると、契約につながらないことがあります。
ハウスクリーニングをおこない、部屋を掃除して清潔な状態にしておきましょう。

住みながら不動産を売却する際の注意点とは?

まとめ

住みながら不動産売却をおこなう方法には、売り先行や、リースバックがあります。
住みながら不動産を売却するメリットは、売却費用を住み替え費用に充てられることでしょう。
一方で、部屋の生活感によって、買主が見つからないこともあるため、部屋をきれいな状態にしておくことが大切です。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る