川越市の不動産|CENTURY21 川越不動産 > 株式会社川越不動産のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入時にかかる費用について詳しくご紹介

不動産購入時にかかる費用について詳しくご紹介

≪ 前へ|不動産購入をする時期とは?統計情報やポイントをご紹介!   記事一覧   フラット35とは?マイホーム購入の審査条件やデメリットまでご紹介!|次へ ≫

不動産購入時にかかる費用について詳しくご紹介

カテゴリ:C21川越不動産

不動産購入時にかかる費用について詳しくご紹介

不動産をこれから購入しようとしているが、どのような費用がかかるかわからず困っている方もいるのではないでしょうか。
本記事では、不動産購入時にかかる費用の種類や税金について解説します。
これから不動産を購入する方は参考にしてみてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産購入時にかかる費用の種類

不動産購入時にかかる費用の種類はいくつかあります。
まず、不動産会社に仲介を依頼して売買契約した場合が、仲介手数料がかかります。
住宅ローンを利用する場合には、住宅ローン手数料を金融機関に支払わなければいけません。
また、登記の際の費用や手付金、火災保険や水道加入負担金、引っ越し費用、修繕積立金(マンションの場合)を支払う必要があります。

不動産購入時にかかる費用のなかの税金

不動産購入時に支払う費用のなかには、税金もあります。
不動産を取得したときには、不動産取得税を支払わなければいけません。
不動産取得税は、登記してから4~6か月後に納税通知書が届きます。
また、不動産会社の仲介で売買契約を結んだ場合に支払う仲介手数料には消費税がかかります。
さらに、印紙税があり、契約書や領収書に収入印紙を貼ることで納税します。
印紙税は、契約書に記載されている金額によって税額が異なります。
そのほかに、不動産の所有者移転や保存の登記手続きする際には、登録免許税がかかります。

不動産購入時にかかる費用のなかのローン保証料とは

住宅ローンを利用するときには、ローン保証料が発生します。
ローン保証料とは、住宅ローンの債務者がローンを支払えなくなったときに、保証会社に代わりに支払ってもらうときの費用です。
しかし、住宅ローンを保証会社が完済してくれるわけではありません。
保証料を保証会社が支払ったら、住宅ローンの返済先が保証会社に代わるため、注意しましょう。
ローン保証料が不要なケースもありますが、貸し倒れリスクが金融機関にかかるため、その他の条件が厳しくなることが多いと言えます。
保証料の支払い方法にも種類があり、「一括前払い型(外枠方式)」は、その名のとおり、ローン保証料を契約時に一括で支払います。
「金利上乗せ(内枠方式)」は、住宅ローンの金利に上乗せして、ローン保証料を支払います。
ご自身の生活にあわせて支払方法を選択すると良いでしょう。

不動産購入時にかかる費用のなかのローン保証料とは

まとめ

不動産購入時に発生する費用には、仲介手数料や登記費用、手付金などがあります。
また、不動産取得税や印紙税、登録免許税などの税金もかかります。
不動産購入時に支払うローン保証料は支払い方法を選べるので、自分にあったものを選びましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


≪ 前へ|不動産購入をする時期とは?統計情報やポイントをご紹介!   記事一覧   フラット35とは?マイホーム購入の審査条件やデメリットまでご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 学区検索
  • 新築物件
  • 中古物件
  • 土地
  • 売却査定
  • スタッフブログ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社川越不動産
    • 〒350-0042
    • 埼玉県川越市中原町1丁目9-11
    • 0120-665-772
    • TEL/049-299-6831
    • FAX/049-299-6832
    • 埼玉県知事 (1) 第023776号
      全日本不動産協会会員・あいおいニッセイ同和損保代理店・川越商工会議所会員・川越法人会会員
  • お問い合わせ
  • Twitter
  • QRコード
  • イクラ不動産
  • いえらぶポータル物件掲載中

トップへ戻る

来店予約