賃貸物件の内見に必要の持ち物とは?時間帯やポイントもご紹介の画像

賃貸物件の内見に必要の持ち物とは?時間帯やポイントもご紹介

C21川越不動産

賃貸物件の内見に必要の持ち物とは?時間帯やポイントもご紹介

新しい賃貸物件に住む際、内見をしておきたい方は多いかと思います。
内見では、より多くの情報を知って自分たちの住んでいる具体像をイメージすることが大切です。
そこで、今回は賃貸物件の内見をするときの持ち物や時間などのポイントについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の内見で持っていきたい持ち物とは?

内見を充実するには、自分たちの生活イメージをより膨らませる持ち物が大切です。
ここでは、実際に内見をするときに、とても便利なアイテムをご紹介します。

間取りの図面

図面があると、自分たちが想定していた間取りと違いがあるか正確に把握できます。
内見時に、不動産会社は用意してくれることが多いですが、すでに受け取っている場合は持参しておくと安心です。
実際に気になったポイントや考えたいポイントを書き込んでおくと、物件の比較にも役立ちます。

メジャー

家具や家電を置くことを考えると、メジャーを持っていくことでより具体的にイメージが湧きます。
ベットや冷蔵庫など、自分が持っている家具をあらかじめ長さを測っておくと、どこに置くか考えられます。
長さは3m以上あると十分に家具や家電を置く場所を考えられので、長さがあり金属製の曲がらないメジャーがおすすめです。

メモ

図面だけではなく、メモもあると賃貸物件の際に役立ちます。
とくに間取り図だけだと書き込める部分が少ないので、間取り図以外に持っておくと安心です。

賃貸物件の内見を行くときの時間帯はいつが良い?

内見では、時間帯によって部屋の印象も変わります。
おすすめなのは、日中の午前中がおすすめです。
日当たりを見るには最適の時間帯のため、どのように日が差し込むかを見られる午前中は人気です。
また、通勤を考えている方は交通量の多さも把握しておくと、日常生活を快適に過ごせるか変わってくるので確認しておくと良いでしょう。

賃貸物件の内見をするときのポイントとは?

賃貸物件を借りるときは、できるだけ快適に過ごせる部屋を借りたいことかと思います。
そこで、内見をするときに見ておくポイントをご紹介します。
自分が大切にしたいポイントをはっきりさせ、不動産屋に質問しておくとより充実した内見ができます。

●防音設備がしっかりしているか(隣の部屋の物音、外の音)
●収納設備があるか(とくに家族の方は要必見)
●周辺に便利な施設があるか(スーパーマーケット、コンビニエンスストア、病院、小学校、駅など)

まとめ

賃貸物件の内見で必要な持ち物や時間ポイントをご紹介しました。
内見は実物を見るとても良い機会なので、より充実した機会になるよう事前準備を大切にしておきましょう。
賃貸物件を検討されている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。
私たちCENTURY21川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たちCENTURY21川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る