一戸建てでイルミネーションをする際の注意点とは?電源やライトの種類も解説の画像

一戸建てでイルミネーションをする際の注意点とは?電源やライトの種類も解説

C21川越不動産

一戸建てでイルミネーションをする際の注意点とは?電源やライトの種類も解説

一戸建ての住宅をイルミネーションで彩る方が増えてきたため、「自分もやってみたい!」と思う方は多いのではないでしょうか。
しかし、どこにライトを付けたら良いのか、電源はどうするのかなど疑問はたくさん浮かびます。
今回は、一戸建てのイルミネーションで使えるライトの種類や設置の注意点などについて解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建てのイルミネーションでライトを設置できる場所

イルミネーションの設置場所は、目的ごとに変えるのがおすすめです。
家族が帰宅した際やご近所の方にも一緒に楽しんでほしいのであれば、外から見えるフェンスや樹木などに取り付けましょう。
自宅でくつろいでいるときにリビングからイルミネーションを楽しむのであれば、庭やベランダの内側など窓から見える場所に設置します。
また、クリスマスの時期には室内にイルミネーションを取り付けて、華やかさを演出する家庭も多いです。

一戸建てのイルミネーションに最適なライトの種類

ライトの電源は、日光を利用する「ソーラー式」、コンセントに挿すだけの「プラグ式」、電池で手軽に使える「電池式」があります。
ソーラー式は雨や曇りの日は点灯しなくなるなど、それぞれの電源に一長一短あるため、自宅に最適なライトを選んでください。
ライトの種類は、コードに複数の電球が付いた「ストリングライト」、広い範囲をカバーできる「ネットライト」など複数の形状があるため、設置場所に適したものを選ぶようにしましょう。
また、電球にもLED球や蛍光球・白熱球などいくつかの種類があり、近年では電気代が安く長寿命なLED球が流行しています。

一戸建てでイルミネーションを楽しむときの注意点

イルミネーションの光は華やかで気分を盛り上げてくれますが、一戸建てに設置する場合はいくつかの注意点があります。
まず気を付けたいのは、イルミネーションが光害となり近所の方の睡眠を妨害しないようにすることです。
タイマーを取り付けて21時ころには消灯する、隣家の窓の近くには取り付けないようにするなどの配慮が必要です。
雨が降った場合に備えて、防水・防雨タイプのライトを使用すれば漏電の心配が少なくなります。
漏電は電力を無駄に使用するだけでなく、火災や感電といった命に係わる危険性があります。
その他にも、高所にイルミネーションを取り付ける際に落下に気を付けるなど、身体に支障をきたさないように注意しましょう。

一戸建てでイルミネーションを楽しむときの注意点

まとめ

イルミネーションはフェンスに取り付けたり、庭に取り付けたりと、自宅の内外から楽しめます。
電源やライトの種類はどうするのかを考えるのも楽しみのひとつです。
気分を高めてくれるイルミネーションですが、ご近所トラブルや漏電などの注意点もあるため、周囲や安全に配慮しながら楽しみましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

株式会社川越不動産への問い合わせはこちら


株式会社川越不動産 スタッフブログ担当

川越市や近隣のエリアでの住まい探しは、CENTURY21 川越不動産にお任せください。戸建てを中心に土地や中古住宅など様々な不動産情報をご提供しております。ブログでは不動産情報のほか、川越市周辺環境など様々なコンテンツをご紹介しています。


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る