不動産投資の利回りとは?平均相場や計算の仕方を解説!の画像

不動産投資の利回りとは?平均相場や計算の仕方を解説!

C21川越不動産

不動産投資の利回りとは?平均相場や計算の仕方を解説!

長引く不況の中、少しでも収入を増やすために不動産の投資を始めようかと思っている方もいることでしょう。
はじめて投資を始める場合、さまざまな言葉や意味を理解していくことから始める必要があります。
今回は、不動産投資における利回りの概要と平均相場や計算の仕方について解説します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産投資で欠かせない言葉のひとつ 利回りとは?

まず、不動産投資をするうえで欠かせない言葉としてよく耳にする、利回りとはなにかについて解説します。
利回りとは、投資した資金に対して予想される収益の割合のことをいいます。
不動産投資の場合、「表面利回り」と「実質利回り」の2種類があります。

表面利回り

表面利回りは、1年間で得られる予定の家賃収入を建物購入の際に支払った価格で割ったものとなります。
シンプルな方法で算出できますが、この数字には建物維持のための諸経費や空室だった場合などが考慮されていません。

実質利回り

実質利回りは、建物の維持費や管理費、固定資産税や修繕積立金、保険料など、不動産を運用していくのに必要な諸経費が考慮されています。
そのため、実際に得られる収入について、正確な数字を知ることが可能です。

不動産投資における利回りの平均相場についての考え方

不動産投資のための物件を探す場合に、平均相場をどのように見ていけば良いのか、考えていきましょう。
予想される収益の割合を見る場合、収益が高いかどうかという点だけを見てはいけません。
先ほどもお話ししたとおり、不動産運用にかかる諸経費を考慮した方法によって算出した数字を参考にすることが大切です。
物件の価格だけではなく諸経費も加味した平均相場を参考にするようにし、同時に空室状況や該当するエリアの需要など、さまざまな点から物件を見極めるようにしましょう。

不動産投資において利回りの計算方法

不動産投資をおこなうためには、どれくらいの収益が見込めるかを計算し、利益について把握することから始めます。
表面利回りは、年間家賃収入を物件購入価格で割ったものに100をかける計算方法で出すことが可能です。

表面利回り =(年間家賃収入÷建購入価格)X100 (%)
これに対して実質利回りは、年間家賃収入から年間支出を差し引いた数字を物件購入価格で割り、100をかけて計算します。

実質利回り =((年間家賃収入ー年間支出額)÷建購入価格))X100 (%)
このように算出した数字をもとにシミュレーションをして、物件選びに役立てましょう。

不動産投資において利回りの計算方法

まとめ

不動産投資を始めようと思っている方に向けて、利回りとはなにかについて解説しました。
実際に物件を選ぶときには、この数字だけではなく建物の状態や設備、エリアの人気度など、さまざまな条件を調査、比較することが大切です。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る