マイホーム買い替えのタイミングとは?気になるローン残債やメリットを解説の画像

マイホーム買い替えのタイミングとは?気になるローン残債やメリットを解説

C21川越不動産

マイホーム買い替えのタイミングとは?気になるローン残債やメリットを解説

マイホームは長く暮らすうちに、現在のライフスタイルとの不一致や老朽化が気になってくることがあります。
そういったケースでは買い替えも重要な選択肢になるでしょう。
しかしマイホームは大きな買い物なので、買い替え時期を慎重に見極めることが大切です。
今回は、マイホームを買い替えるタイミングやメリットなどについてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホーム買い替えのタイミング①ローンが残っている場合

タイミングについて触れる前に、まずはローンが残っているマイホームの買い替え方法について解説します。
ローンが残っている物件は、売却の際に残債を精算しなくてはいけません。
そのため、住み替えの際には残債の金額や新居の購入費用を考慮して資金計画を立てる必要があります。
手元に十分な資金がある場合は、購入先行型の住み替えが可能です。
購入先行では先に新居を購入し、あとから旧居の残債を一括返済することになります。
一方、残債を精算する十分な資金がない場合や、新居を購入するためのローンが組めない状況では、先に旧居を売却する売却先行型の住み替えが役に立つでしょう。

マイホーム買い替えのタイミング②買い替えのメリット

次はマイホームを買い替えるメリットについて見ていきましょう。
1つ目のメリットは、それぞれのライフスタイルに合った生活が可能になることです。
出産や子どもの独立など、家族構成の変化によって最適な家の形は変わってきます。
また歳を取ってくると、生活に便利な立地やバリアフリー設備が重要になってるでしょう。
ライフステージの変化に合わせてマイホームを買い替えることで、より快適な環境での生活が可能になります。
2つ目のメリットは、ローンの残っている不動産が売却しやすいことです。
先述のとおりローンが残った不動産を売却する際は、基本的に残債を精算して抵当権を抹消しなければいけません。
しかし買い替えの場合は、買い替えローンを利用することで、以前の住宅ローンと新居の住宅ローンが一本化できるのです。

マイホーム買い替えのタイミング③年収との関係

マイホームの買い替えはライフステージの変化が1つのきっかけになります。
一方で、年収などの金銭的な面から買い替えのタイミングを決めることも可能です。
年収によってローンの借り入れ可能額は変化するだけでなく、返済の負担も変わってくるでしょう。
マイホーム購入価格に関しては、年収の5倍が1つの目安です。
年間返済金額に着目すると年収の25%以内が安定して返済可能な金額の相場とされています。
家族構成や実際の年収によって適切なバランスは変わってくるので、子どもに関する出費や定年後の負担も考えて資金計画を立ててみましょう。
なお、ローンの頭金を増やせば将来的な負担は減りますが、手元に資金がなくなると不測の事態に対応しにくくなります。
いざというときのための生活予備費はしっかり準備しておきましょう。

マイホーム買い替えのタイミング③年収との関係

まとめ

マイホームは長期間住むことを想定して購入するものですが、ライフステージの変化に合わせて買い替えるケースも多く見られます。
買い替えに際しては、年収や残債を考慮して早い段階から準備を進め、タイミングを見極めましょう。
私たち株式会社川越不動産は、さまざまな不動産情報を取り扱っております。
川越市及びその近郊の不動産をお探しなら、ぜひ私たち株式会社川越不動産お任せください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら


”C21川越不動産”おすすめ記事

  • 土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説の画像

    土地売却には境界線の確認が必要!依頼方法や費用も解説

    C21川越不動産

  • 新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!の画像

    新築一戸建てを購入した際におこなう登記とは?種類や費用を解説!

    C21川越不動産

  • 土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介の画像

    土地探しを流れとは?必要な準備や土地探しをする方法をご紹介

    C21川越不動産

  • 不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法の画像

    不動産売却時の成年後見人とは?必要書類や手続きの方法

    C21川越不動産

  • 建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説の画像

    建売住宅の維持費はどのくらい?種類と平均費用を解説

    C21川越不動産

  • 500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介の画像

    500万円でリノベーションをするならどこまで可能?注意点もご紹介

    C21川越不動産

もっと見る